eruca's 育児とハンドメイド日記

育児・ハンドメイド・ネイルなど雑多につづっています。

100均手ぬぐいで作るシャツとズボン(失敗からの修正)

こんにちは^^

今回は100均てぬぐい2枚で赤ちゃん用のシャツとズボンを作りました。最初はうまく行っていた(と思っていた)のですが、途中で重大なミスに気づき、そこから修正を重ねております;;

作り方と言えないので、気楽に読んでいただければ幸いです。

作りたいものを自分で考える

ハンドメイドをしていると、型紙をとって作るのは簡単なのですが、帯に短し襷に長しということがあり、どうも合わないということが多々あります。

特に手ぬぐいは布幅の限界もあるので、かなり難しい。。。。ネットであちこち参考にはするものの、これを作りたいというジャストなものを見つけるのはかなり大変です。

そこで、自分でどうすれば良いか考え、型紙を作ったり、型紙なしで切り込みを入れたりします。

今回、私は赤ちゃん用のシャツとパンツのセットを作りたかったのです。イメージはシャツは鯉口シャツで、パンツは以前紹介したパンツです。

 鯉口シャツとは??お祭りで着るシャツですね。

erucaeruru.hatenablog.jp

 これらの商品を参考に持っている手ぬぐいに合わせ、意気揚々と作り始めました。。。

作りながら修正をしていく

用意するもの

これはこれまで通り、針、糸、手ぬぐい、それとゴムとボタンです。

途中までの手順

①手ぬぐいを半分に折って、端から10センチを切る

②更に半分におり、1.5センチ×16センチの印をつけてカーブを付ける

③真ん中のところに横3センチ×縦8センチの印をつけカーブをつける(前身ごろ)

④折ったままヒックリ返し、端に1.5センチ×16センチ、中央に横3センチ×縦1.5センチの印をつけカーブをつけ(後ろ身ごろ)、開いて切る

※ここで重大なミスをおかしています。

⑤開いてみると、シャツのような形になります。

これでわかると思いますが…このままだと、ボタンがつけられません。ボタンをつけるにはまえ身ごろ部分をそれぞれ2センチ多く取らないとボタンを付けられません。(つけたとしても形がおかしくなります。)

慌てて修正

ここから先は写真がありません。焦っていたので、撮る余裕ありませんでした。。

⑤しかたないので、うしろ身ごろを小さくする必要があります。脇の部分になるところを1.5センチ内側に切ります。なので最初1.5センチかける16センチで切ったものを3センチ×16センチになるようカーブをつけて切ります。

※なぜ1.5センチにしたかというと、2センチとると横幅が小さくなりすぎるのでキツクなってしまうのです。少しでも余裕が欲しいので1.5にしました。

 

⑥しかしこのままでは上部分(襟部分)が切れないので、うしろ身ごろを中表に半分におり、真ん中から内側1.5センチに印をつけ襟の端から約3センチほど縫いました。

そうすことで上下ともに前が重なりあうようになります。

残りは甚平を作ったように作る

 

erucaeruru.hatenablog.jp

 

⑦切り取ったはぎれをつなぐ、0.5センチ折り曲げ、前から襟周りにすべて縫いつけます。内側に織り込み、上から縫い抑えます。

⑧脇部分を袋縫い

⑨裾を三つ折りにして縫う

⑩ボタンをつける

⑪ズボンをつくる

完成

着せてみたところ…

これを見てわかるとおり、

上着の丈が短い!!!袖が思ったより長い!!!ズボンの裾が長い!!アンバランス!!!!!

はい、完全に設計ミスです。

裾が短いのは、裾幅を伸ばせばなんとなかなるので一旦ほどき、三つ折り幅を2センチから1センチに変更しました。

他の部分は体形にあってないだけなので、捲って止めることにしました。

最終完成

最後に

どうすれば良かったのか…反省をこめて書きます。

手ぬぐいの大きさから考えると、今回袖をつけるために10センチカットしましたが、あれを5センチにしておけば袖の長さも裾の長さもちょうど良かったと思います。

パンツは単純に体形が合わないだけなので、捲るなりして合わせれば良いと思います。

 

なかなか自分の思い通りの作品はできません。これからも修行に励みます!!

プライバシーポリシー お問い合わせ